« 指先の選挙戦 | メイン | NAB 2017 Digital Cinema Session 4/23(2日目)まとめ »

2017年4月23日 (日)

NAB 2017 Digital Cinema Session 4/22 まとめ

Nab1

(1)Next Generation Cinema: How it gets there

The Unintended consequence  of progress


北米のDCP 戦略とヨーロッパの状況。これからのデジタルシネマは誰が(配給会社、制作者、視聴者など)ドライブするのか?..といった話し。
(隣の席でいろいろ有って集中出来ず)


(2) Cloud(y) Technologies in Global

世界規模でのデジタルシネ配信における、コスト、スピード、柔軟性、セキュリティ、容易性について。ワールドワイドになればなるほどタイムゾーンなども含めて複雑になる。また、衛星配信でのマルチキャストや、Kuバンド/Cバンドでのパラボラの規模。プル・モデル配信、OTT配信、ハードディスクでの供給やpeer to peer配信。“QUEB”を例にしたCLOUDでのコンテンツ提供などについて紹介。


(3) How You Capture It: Will Light-field Change the Way of Content Production?

ライト・フィールドとは何ぞやから始まって、ライト・フィールド・プロセッシングやデプス・ベースド・グレーディング、リライティングの例を紹介。
要するに現場に行かなくても背景をちゃんと管理して撮影しておけば綺麗に合成できますよ。というVirtual background手法の紹介です。どちらかというと完全にSiggraph向け内容という印象でした。また、Light field Labのプレゼンが長くて、”What is the virtual production?”の映像が美女と野獣の冒頭で終わったのがとても残念。


(4) Next Generation Cinema: How You See It - Projection & Displays in Cinema


やはり、HDR/WCGに関してはドルビーが2歩も3歩も進んでいるという印象をうけました。(SONYもちゃんとやってますが…)
SD, HD, HDRについてのカラーマッチング実験や、HDR/WCGのリファレンス。さらにはマスタークォリティーについての考察。LGのOLEDとLCDの比較など。本日のセッションの中では一番NABらしくてためになりました。

(5) How We Make It: Diversity in Cinema in 2017
Cinemaの中の多様性について、4名の様々な人種の登壇者によるパネルディスカッション。登壇者や家族が歩んできたストーリーに始まり、映画産業と人種の関係についてのディスカッション。
(時差ボケで記憶が曖昧)


(6) Next Generation Cinema: How You Hear It - Immersive Audio

2年前のNABではNHKの22.2 chを紹介をするなど、世界の技術紹介が多く今年も楽しみにしていました。
が!、残念ながら、今年は技術的な説明は一切無く、パネルディスカッションでお茶を濁された感じ(^_^;)
プレゼン資料の作成は負荷がかかるし、各社のノウハウや他所とのNDAも有るから、受け手が少ないのかもしれませんね

ウケたのは、「ミキシング環境と実際の劇場での聞こえ方の違いをどうするか?」についての中で、基準のシステム環境で何度もレンダーバックする。いろな協力関係のあるスタジオやシアターで視聴するなどなど、解決方法は世界共通力技でした(笑)
会場からのQAもスカスカで、「AR/VRの音はどう考える」に対して「映画はグループ体験だから1人でやるゲームとは違うんだよ…」とか(笑)
ドルビーATMOSの没入感満載の音を2チャンネル….例えばiTuneとヘッドフォンで聞いて立体に出来るようになるのか?とかとか、「やっつけ感満載」のセッションでした(^_^;)_


(7) How They See It: Do Consumers Really Care About Artistic Intent?

本日最後のセッションもパネルディスカッション。
ユナイテッド航空が乗客を無理矢理機内から引きずり出した話で会場が湧いた所で、睡魔と寒さに耐えきれず本日はこれにて撤退。