« 2017年4月 | メイン | 2017年9月 »

2017年5月

2017年5月16日 (火)

NAB 2017 4/25 まとめメモ

一番大変で面白い日でした。

(1) High Dynamic Range for HDTV
Hitachi Kokusai Amarica だからか、昨日までと打って変わって日本人が多いです。やっぱり日本人は技術説明への関心が高いのでしょうか?
冒頭で司会者からも「TimelyなSession」という紹介があるありましたが、来る前から楽しみにしていたセッションです。

Top 4 HDRについての上位4つの誤解
 ・HDR is not just part of UHD/4k.
 ・HDR may not change the average picture level(PAPL).
 ・HDR is not a format war. They all accomplish similar things.
 ・HDR is not incompatible with today’s SDR displays.

What is High Dynamic range.
要約すると、「HDRは人間が現実世界を見る視覚システムに近づけるための試み。」という事です。

What is HDR (ITU-R.BT.2020 Standard)
「HDRは、ハイライトやオブジェクトの反射を抑えることができる、大幅に向上した(ピーク)ディスプレイ輝度を提供し、また、暗い領域でより詳細なディテールも提供します。」 「HDRイメージフォーマットは必要に応じて、既存のワークフローやインフラとの互換性をある程度持つ必要があります。」

ここまでは、お約束的な前置きです。

Why High Dynamic Range for HDTV?
世界での平均的なテレビの視認距離は9フィート(3m)。
・4kフル解像度を見るには遠すぎます。
・65吋テレビでの4k/UHD最大視認距離は6フィート。
・平均視認距離9フィートでの4k/UHDテレビサイズは105吋。

なんて分かりやすい説明でしょう(^o^)

余談ですが、SONY BRAVIAの100吋を買おうとすると約80万円程度(笑)

Why High Dynamic Range for HDTV?
9フィートという平均的な視認距離でもHDRは簡単に視聴できる。
・UHDの解像度は辛うじて見える。
・HD-HDR(HDR+ / UHD Liteとも呼ばれる)は、制作ワークフロー、ストレージ、バンド幅が1/4。
・ケーブル、サテライト、OTT, ATSC 3.0での配信が可能。

Improving The Viewing Experience
・4k / UHD  - 空間解像度。より多くの画素
・HFR - 時間解像度。ハイフレームレート
・WCG - Wider Color Gamut : BT.2020, DCI-P3
・HDR - High Dynamic Range

Industry quotes on HD-HDR:
Paul Turner - Telestream、Netflix、YouTube、EBU TR 037などがHD-HDRでの実験やサービスを行っています。

Terminology & Definition
 OETF = OptoElectronic Transfer Function
 EOTF = Electro-Optical Transfer Function
 OOTF = Opto-Optical Transfer Function

Bit allocation in HD-HDR cameras
人間の目はノンリニア感度特性
黒から中間トーンまでの画像領域では高いビット深度が必要

Display Brightness
Nitで表すと
Black Cinema BT.709 HLG & PQ Dolby Vision Theoretical Max
0 nit  50 nit     100 nit    1,000 nit  4,000 nit   10,000 nit
※上記の0から1,000 nitまでで約15 f stops

映画館では真っ黒のプロジェクション環境をコントロール可能。大してテレビの視聴環境は様々なデバイス、部屋の明るさ、チャンネル、シーンによってコントロールが出来ない。つまり、映画とテレビは視聴環境がとても異なる!

この後、”HDR - Links in a Chain”、”BT.2100 Standard for HD & UHD”、””Artistic Intent” and HDR “、SDR vs HDR Comparison”、”Feed HDR & Convert to SDR - via 3D LUT”、などなど、聴き入っていてあっと言うでした。


(2) Evaluation of HDR Video Distortion & Quality in the Context of HEVC Compression
ゴールは消費者の素晴らしいHDR体験。
圧縮とプロセス処理でHDRの繊細で小さなHDRのディテイルが、押しつぶされることを様々なテスト画像とデータで紹介。

(3) The Dynamic Duo – SDR and HDR-Compatible Workflows for Live Production
ライブでのハイコントラストシーンとHDRの必要性に始まって、SDRとの比較、”どうしてネイティブOETFを使うべきか?”、HDR - SDR コンパチブルなライブ・ワークフロー、HDR to SDR変換の比較...などを紹介。
カメラによるグレースケールとWFM画像の説明もあって、分かりやすい内容でした。

(4) SDR to HDR Tone Expansion for Broadcast
HDRとSDR変換時のトーンマッピング、トーンエクスパンションの紹介。
評価基準等が今一つ理解できませんでした。

(5) Signal Converter for Simultaneous Production of UHDTV and HDTV
NHK によるサイマルユースを目的とした、8k/4k/HD( Rec.709の混在(両立)を紹介。HLGからHDへの変換、双方向のγ変換などの話し。
この後でアストロデザインのブースに伺い詳細納得。

(6) Helping Cable Operators Meet the Challenges of Delivering HDR Content to the Home
世の中には沢山の種類のモニターとフォーマットがあって..どうしましょう?という話し。
コンテンツ側だけでも、沢山のHDRコンテンツフォーマット、既存のSDRコンテンツが同じリニアサービスの中にある訳です。
 HDR > (Slog3), (PQ/HDR10), (HLG)
 SDR > (Gamma)

そのような中で、配信事業者は、SDR/HDR それぞれのカスタマーにどうやって高い品質のコンテンツを提供を保証するか?
自分のデバイスにはどのチャンネルを見れば良いのか?、DVRに収録できるのか?1軒の家にHDRとSDRの両方のデバイスがある場合の配信は?..などなど、確かにそうですよね、という内容でした。

(7) Format Conversion Requirements through the HDR Video Production Chain
Color volume illustration > color model of BT.2020 and BT.709
このセッションはちょっと分野が違うかな?という感じで、ここまで来ると半分朦朧としててパスm(_ _)m

これにてNAB 2017の目的は完遂。

詳細が聞きたい方はご連絡ください。.....だいぶ忘れましたが(笑)

NAB 2017 4/24 まとめメモ

(1)Ultra HD Broadcasting Comes of Age

先ずは冒頭、「今後のUHD発展には制作会社や製造会社、民生機器メーカーなど、業界を越えた協力によるEntire eco systemが重要」という話しから始まりました。確かに主導権争いの真っ最中ということは、セッションの顔ぶれを見ても感じられました。

 

UHDと映画産業

・Digital cinema camera はとても広いダイナミックレンジの撮影が可能
・CG VFXもHDRでの制作が可能
・現状のマスターを制作するに十分なHDRリファレンスモニターが必要
・多少の時間を掛ければグレーディングも可能
・下位互換性の限界、仕様互換性の問題がある(VODなどの物理的な)

UHDと放送業界
・新しいカメラ、スイッチャ、DVE等が望まれている
・放送系列では巨額の投資が必要となる
・下位互換性が鍵
・異なるHDRフォーマットの融合が必要

などなど、このセッションでスピーチした放送業界の人達は技術の過去-現在-将来を冷静に見ていて、仕様の共通化/規格化、映画産業との繋がりについての重要性や広がりについて意見交換がされました。

UHD and ATSC 3.0
ATSC 3.0でのVideoおよびAudioについて現状と今後を紹介。
3.0は20+の規格(分科会?)から構成されていて、最終は2017年Q2に最終承認される模様、とかとか。この部分だけでも膨大な量になるためblogでは割愛m(_ _)m

Ultra HD Forum
Phase A
リアルタイムでの番組ストリームのための、エンド・トゥ・エンドのワークフローに焦点。

Phase B
エンド・トゥ・エンドのエコシステムにおける、最先端のUHDパラメータに焦点。例えば、ラウドネス、ダイナミック・メタデータなど。

ディスカッション
1080pでのATSC HDRとWCGについては、とても価値があるという話しから始まって、4k/8k, HDR, WCG, HFR, 解像度は感動の要素で、映画制作社は大型スクリーンへのための解像度、ダイナミックレンジ、WCGに胸を躍らせているなど。

また、フレームレートはコンテンツとコンテンツ制作者によって決められる。(映画制作産業が60Hzなのは、映画が24Hzから始まったから)

HDR採用は投資家の選択肢という要素が大きく、バージョンやカスタマイズなどの課題も残る。
8kについては、如何に8kが素晴らしいか?また、ディスプレイの大きな市場であり、製造側、配信側、制作側でのさらに大きな変化が進む。

などなど、興味深い話しが続きました。

以下3つの配信系セッション。

要点は全て「品質が大切」という事で割愛(笑)

(2) Increasing Effectiveness and Efficiency of ABR Encoding with Advance Video Formats


(3) Compression Techniques for next-Generation Video

(4) The Dynamic Duo – SDR and HDR-Compatible Workflows for Live Production