カテゴリ「Geo-Cosmos」の記事

2011年6月11日 (土)

日本科学未来館 再開です(^_^)v

Geo20110611

震災による施設の修復が完了した日本科学未来館が本日6月11(土)から営業を再開しました。

今回の目玉はなんと言っても「東京スカイツリー展」と「新しいジオコスモス」の2本立て。
沢山の方に楽しんで頂けること請け合いです。

今後このブログではジオコスモスの映像システムやコンテンツの裏側をご紹介したいと考えています。


Miraikan (National Museum of Emerging Science and Innovation) reopened today, June 11, after the massive earthquake attacked Japan.

Current exhibitions are "Making of Tokyo Sky Tree®" and "the Geo-Cosmos II". From now, I’ll show you the “behind the scenes” of GeoCosmos II.

2011年6月 5日 (日)

ジオコスモス 点灯式が無事終わりました

Geo24h

2011年6月3日 様々なメディア報道でご存じのように日本科学未来館の新しいジオコスモスが点灯式をむかえました。
10362枚の有機ELパネルによる1000万画素以上の超高解像度画像による地球の姿は本当に素敵です。

科学データを駆使したシミュレーション画像だけでなくインゴ・ギュンター氏によるアート作品「Wold Processor powered by Geo-Cosmos」を是非未来館でご覧体験してください。

画像は約1日半前の地球の昼と夜を再現したコンテンツ、「24時間の地球」です。


As you already may know, The Geo-Cosmos II was launched on June 3, 2011.
The globe is comprised of 10362 OLED panels, and its image is depicted at super high precision exceeding 10 million pixels.

This time, with the brand-new Geo-Cosmos, you can see not only scientific contents but also an art content by Mr. Ingo Gunter.

2011年2月 6日 (日)

絵画のような.....

Geo2panelid_2
2011年1月末。多くの関係者の苦労の末、ジオコスモス2が日本科学未来館に無事納品されました。

LED製のジオ1は華やかな光を放つ元気な球体というイメージでしたが、1000万以上の有機ELの画素がピクセル・バイ・ピクセルで描き出すジオ2の世界はまるでフラスコ画のようです。

そして今、世界中の研究機関やアーティストからジオ2のための最新コンテンツが続々と送られてきています。
皆さまどうぞご期待ください。



Just like a painting…

In the end of January, after so many trials, the brand-new Geo-Cosmos was finally delivered.
Compared to the bright, energetic LED-made previous Geo-Cosmos, a high precision of the brand-new Geo-Cosmos creates more delicate, fresco-like images.

Many research institutions and artists all over the world have been working on new contents for the new Geo-Cosmos. I promise it won’t let you down.

2011年1月26日 (水)

ジオ2 吊り上げます

1_1_2

2011年1月25日
構造チームの最後の大仕事、ジオコスモス2を所定の高さに吊り上げる作業が始まりました。

コンピューター制御の最新の機材で吊り上げられると思われがちですが、実は熟練の職人チームによる手作業です。
4つのチェーンブロックを微妙に調整しながらの作業はまさに人の技の見せ場。
二日間かけてゆっくりと慎重かつ正確に作業は進みます。


これから後の球体内への出入りは高所作業車を使うしかありません。
忘れ物なんかしたら、それはもう大変(^_^;)



Hanging the new Geo-Cosmos

“Construction team” has just started to hang the new Geo-Cosmos.

Hanging the Geo-Cosmos is done by “skilled artisans,” not the latest computer-controlled equipment.
 The team adjusts 4 chain blocks delicately, carefully, and accurately over two days to get the Geo-Cosmos in place perfectly.

2011年1月24日 (月)

屁理屈とアルゴリズムの関係

20110124otaku

球体に投影する画像は複雑なパネル配置に合わせた超特殊なフォーマット。
送出制御もデーターベースと複雑に連動した高度なスケジュール管理ができる未来館特別仕様です。


このジオコスモス2の中核とも言えるソフトウェアを作るのは「一級屁理屈師」を自称する「ちょっと変わった」(一説ではかなり変わった)人達です(笑)

このチームの相互チェックはチョット大変。
趣味趣向どころか主義主張言語(コンピューターのね)の違う人達を1箇所に集めてリードする訳ですから、並大抵の苦労でありません。

しかも一度話しが脱線すると、話題は途方も無い遙か彼方に行ってしまい、当分本題に戻りません(^_^;)
でも彼らも球体構造チームと同じぐらいジオコスモスが大好きで”世界初/世界一”を目指して日々屁理屈を戦わせているのです。




Sophism and algorithms


The images projected on the globe are formatted to suit complex panel layout.

This jabber control system is the "Miraikan special version", and can perform advanced program management intricately connected with database.

The core of the Geo-Cosmos is created by “a bit weird” (or super weird?) sophists. 
That is a bit hard to check up each other because each person has different idea, faith, language( I mean, programming language) It is indeed extraordinary to lead such people at one place.
And it hard to adjust to our main topic, when we heatedly discuss other topics.
However, they love Geo-Cosmos2 and have craftsmanship that aims to be world first and only one.

2011年1月18日 (火)

やっと裸電球

20110118powertest_2

一部のパネルは未実装ですが、全球になってから初めての通電テスト。
供給電力の関係で半分以下の明るさですが、関係者一同一安心。

その安心もつかの間、25日の吊り上げまでには、配線チェック、ファームウェア等のバージョンアップ、追加部品の取り付け、球体内機器の動作試験、パネル位置の微調整、清掃などなど.....
吊り上げてからでは出来ない作業が沢山残っています。

20日からは画像処理や制御システムなど送出側の設置調整が始まります。


A naked bulb

The first burn-in test executed. (though some panels are unmounted.)
It is not as bright as it should be yet, but, pheeeew! it’s working!

However, we still have tons of things to do by a “hanging” day, such as checking the connections of the wires, upgrading firmware, installing additional parts, operation test for a hardware inside of the globe, etc….
We are also going to set up control system and process images soon.

2011年1月 9日 (日)

とりあえず球です○

思っ20110110sphereたよりも早く「球らしく」なりました(^_^)v

が,,,,,, これは本当にまん丸なのか?

パネルの配列や歪みは?..........

疑い始めたらキリがないのですが、先ずは疑ってかかるのも仕事のひとつ。

とくかく球体内部の作業が始まる前に、技術の粋を集めて球とパネルの精度を上げなくては。



It’s a “sphere” anyway

It looks like a “sphere” now, but… is it a perfect sphere??

Is there any distortion? How are panels installed?
… Endless doubt.

But doubting is a part of my job to raise its quality.
Anyway, we have to improve the precision of panels and sphere itself before starting working on inside of the sphere.

2011年1月 6日 (木)

南半球

20110106southhemisphere_1_1南半球の4枚のシェル取り付けが完了しました。

これから 繋ぎ目のパネルを充填して精度を追い込んで行きます。

構造チームの腕の見せ所ですが.....果たして....

South Hemisphere

We just finished installing four “shells” on South Hemisphere,
and now, we are going to fill up between each panel and make it seamless.

This is where “Construction team” can show their skills.
Don't miss it!

2011年1月 5日 (水)

シェル取り付け開始!

20110105shell_1_1

2011年最初の作業は最大の難関からのスタートです。


少数精鋭の作業チームがミリ単位で1t近いシェル構造を所定の場所に取り付けて行きます。

画像にあるように1枚目は無事に終わりましたが、問題は繋ぎ目の精度が要求される2枚目以降です。




20110105geo2shell5_1_1
8枚のOELシェルを貼り付けた後にも内部配線や電源工事、光ファイバーの接続、各種テストなどなど.....
山のような作業が残っています。

沢山の後工程を考えると1月の11日までには完全な精度でシェルを球体に仕上げる必要があります。




Installing shells

The first operation in 2011 is the biggest hurdle.
Our “elite unit” installs almost one ton of shells in place carefully and delicately.
As the image shows, the first one’s done nicely.
The second one is harder since the first one, because those joints parts require high precision.

After installing eight OEL shells, we still need to do internal wiring, electric construction, connecting optical fibers, and various tests….
We have to finish this shell to a perfectly spherical by January 11th in order to get everything done by the deadline.

2010年12月31日 (金)

月着陸船?

1_1_1_2

アポロの月着陸線にのようなこの構造体がジオコスモス2の内部を構成します。

ジオ1が数百点もの鉄製パーツで構成されていたのに比べ、新しいジオコスモスはシンプルなアルミ製。
軽量化/高精度/工期短縮/費用削減を新しい知恵で実現しました。

年が明けると球体工事も大詰め。
このアルミ構造物が地上1メートルに吊り上げられて、OELパネルを実装したアルミシェルが貼り付けられて行きます。



Landing on the moon…?

This lunar module like structure is the inside of the Geo-Cosmos.
Compare to the previous one, consists of tons of iron parts, the new Geo-Cosmos is made of aluminum in order to achieve “weight saving, high accuracy, shortening work periods, and cutting costs.”

This aluminum structure is going to be hung 1 meter from the ground, and aluminum shells mounted OEL panels will be installed.